ホームタウンプロボノ

長期プロボノ支援で地域づくりの基盤強化を応援します

支援対象 東京都内の地域福祉の担い手となるNPO・地域活動団体等
応募条件 区市町村・社会福祉協議会・地域包括支援センターのいずれかによる推薦が必要です

ホームタウンプロボノは、地域福祉の担い手となる団体の組織基盤強化を目的とする、約3~6ヵ月間の本格的なプロボノ支援のプログラムです。programs_hometown

多くの団体が抱える代表的な課題として、より多くの人の参加を募り、支援を呼びかける「情報発信・支援者開拓」、組織運営を安定化し、持続可能な活動を支える「組織運営・会計経理」、そして、活動のあり方を見直し、目指すべき方向性や成果目標を検討する「事業戦略・評価」が挙げられます。これらの課題解決につながる具体的な成果物を、ビジネススキルや専門知識を持つボランティア活動「プロボノ」を通じて支援していきます。

成果物には、ウェブサイトや印刷物(パンフレット等)、映像資料などの制作や、運営マニュアルの作成、事業計画立案やマーケティング基礎調査など10種類のメニューがあり、支援を希望する団体は、これらメニューの中から希望する1つの成果物を選びます。

1つのプロジェクトは、5~6人のプロボノワーカー(企業人・個人事業者等でプロボノとして参加するボランティアのメンバー)でチームを組んで行われます。プロボノワーカーは、主に平日夜や土日など、勤務時間外の時間を使って、さまざまな調査・企画・制作などの作業に取り組み、じっくり腰を据えて地域の課題に向き合いながら、目標とする成果物の実現に向けて活動していきます。

 

>> ホームタウンプロボノの支援メニューはこちらをご覧ください


プログラム紹介

このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ