武蔵村山市 1DAY|チラシ制作

NPO法人 武蔵村山ひまわり

作業所利用者が育てた野菜入りお弁当を、地域の高齢者へ。孤食を防ぎ交流も生み出す取り組み。



「豊かな労働と生活の場をめざして!」をキャッチフレーズに、2005(平成17)年6月にNPO法人として設立された武蔵村山ひまわり。もともとは障害のある子どもの親の会として発足し、法人化してからは福祉作業所「ひまわりハウス」とグループホーム「ひまわりホーム」を運営しています。障害を持つ方が、ホームに住んでいる人と通所してくる人の合計20名程度、さまざまな仕事をしています。

ひまわりハウスの活動のメインはお弁当事業です。食材の中の野菜は、施設の近くに持っている畑で、みんなで収穫したものです。作業所で働く利用者の皆さんは、絹さやの筋取りをする、お弁当におかずを詰める、配達する、など、職員のサポートを受けながら得意なことを分担しています。みんな仲良しで、定期的に行うカラオケなどのイベントは多いに盛り上がるそうです。

「ひまわり」のお弁当は日替わり弁当が税込450円。いろどりもあざやかな、ちょっと豪華な幕の内風のお弁当は680円と1000円があります。
武蔵村山市内では高齢者の「孤食」を減らすため、月に何度か、自治会などの集まりがあるときに、みんなで地域の集会所で食事をする取り組みが始まっています。そんなとき、日替わり弁当よりも少し奮発した、食べるのが楽しみになる680円のお弁当が活躍します。

お弁当を作った障害者の方々が「こんにちは!」とお弁当を届けると「ありがとう、今日も元気がいいね」と高齢者の方が返してくれます。「施設の利用者さんがお弁当を届けるという仕事をしつつ、地域の人たちと交流する。これも、事業の大切な目的なんです」と佐々木伸一理事長は語ります。

このほかに、武蔵村山市の市民総合センター内のカフェ運営も一部手掛け、そこでは接客をしながら、作業所の利用者の方々が手作りした手編みのマット、貝殻のキーホルダーなどの手芸品も販売しています。また市内の公園の管理などの作業も行っています。

こんなふうに多岐に渡る活動をする中で、佐々木さんは気になることがあるそうです。それは、武蔵村山市の急速な高齢化です。
「いま、グループホームの需要が増えてきていると感じています。背景としては、ご家族、障害を持つご本人とも高齢化が進んで、家族での支援が厳しくなってきているのです」
でも、「ひまわりホーム」のようなグループホームがあることは、まだまだ知らない人も多いようです。

「武蔵村山市内では、地域の居場所としてサロンをたくさん作る計画が進んでいます。いま、お弁当を自治会の集まりなどに届けているのと同じように、サロンへの配達もできるかもしれませんし、他にもお弁当をお願いしたいというオファーも頂いています。でもそうした営業活動をするにはきちんとした紹介資料が必要です。また、障害を持つご本人やご家族に『こうした施設があるんだ、相談に行こう』、『自分も作業所に通所して、みんなと働いてみよう』と思ってもらえるきっかけにしてもらうためにも、わかりやすいパンフレットの必要性を感じています」と佐々木さん。

お弁当の営業ツールにもなり、障害を持つ家族のみなさんに向けて情報を届けることもできるようなコンパクトなパンフレット。そうした団体の想いをくみとって、リニューアルしてくれるプロボノワーカーを求めています。

団体基本情報

団体名
NPO法人 武蔵村山ひまわり
活動開始時期
2005/平成17年6月
代表者名
佐々木 伸一さん
所在地
〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀1-28-3
ホームページ
http://www.himawarihouse.org/

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

朝岡さん
稲畑さん
遠藤さん
田辺さん
東さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2017.09.30
2017.07.18

武蔵村山ひまわりにてヒアリングを実施しました。

2017.09.23

事前オリエンテーションを実施しました。

2017.09.28

質問事項のリストアップを実施しました。

2017.09.30

活動体験・現場視察を実施しました。活動内容を詳しく団体の方にお伺いし、パンフレットの素材となるような写真等の用意も依頼しました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ