武蔵村山市 1DAY|チラシ制作

NPO法人 子育て未来ネット こどもと

移り住んだまちで、リラックスできる多世代交流の場を。ここでも光る、ベテランパワー。



武蔵村山市は、昭和40年代に都営村山団地の建設などにより、人口が大きく伸び、その後、一旦はゆるやかに減少に転じたこともありましたが、ここ最近は、市内での宅地開発が進み、再び人口が増加しているまちです。若い世代のファミリー層が新たに流入しており、建ったばかりの新しい住宅を随所に見かけます。

そんな武蔵村山市のなかでも、古くからの歴史を持つという神明地区にある一軒家。玄関を開けると、多くの人が、“おばあちゃんの家”という言葉を頭に思い浮かべるような、懐かしい匂いがする建物のなかで、小さな子ども連れのお母さんたちが集まる「子どもカフェみんなのおうち」が運営されています。

「地域に乳幼児のいるお母さんが集まれる場所がないことや、障がいのある子どもは、地域の子育てひろばに行ってもなかなか溶け込めないこともあったので、誰でも安心して遊べる場所をつくりたかった」と、NPO法人子育て未来ネットこどもと代表の清水彩子さんは言います。

団体が運営する事業は、大きく3つあります。ひとつは、子どもカフェ事業「みんなのおうち」。毎週、火・水・木曜日の10時から14時まで、親子が無料で利用できる場所です。お昼の時間をまたいで親子が集える場所は貴重で、それぞれがお昼ご飯を持って立ち寄ります。ふたつめは、絵本読み聞かせ事業「わくわくタイム」。第1・第3金曜日に市内の児童館で絵本の読み聞かせを行っています。もうひとつが、武蔵村山子ども食堂。第2・第4金曜日の夜に、この一軒家で開催されます。



こうした活動の随所に力を発揮しているのが、清水さんたちからすれば、人生の大先輩の世代のみなさんたちです。みんなのおうちのプログラムには、高齢者施設の人たちに来てもらって、お茶をたてるお茶会を開いたりすることもあれば、児童館で行う読み聞かせのボランティアには50代以上のみなさんたちが多く関わり、子ども食堂の調理を行うボランティアは長年の経験を持った栄養士さんたちが中心です。近隣には農家さんも多く、野菜の差し入れをいただくこともあります。
親子のリラックスのための場として生まれた「みんなのおうち」のまわりには、世代を超えたさまざまな人の新しいつながりがどんどん生まれているのです。

「みんなのおうちを、もっとたくさんの人に知ってもらい、利用してほしい」という清水さんの思いを受けて、東京ホームタウンプロジェクトでは、団体パンフレットのリニューアルを行います。3つの事業の内容を紹介しながら、「みんなのおうち」やスタッフのみなさんの雰囲気を伝えるとともに、この場を支えるボランティアとして、さらにさまざまな経験や特技を持った多世代の人たちが関われるような入口となるパンフレットづくりを目指します。

団体基本情報

団体名
NPO法人 子育て未来ネット こどもと
活動開始時期
2014/平成26年
代表者名
清水 彩子さん
所在地
〒208-0002 東京都武蔵村山市神明4-17-1
ホームページ
http://kodomoto-m.jimdo.com

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

大森さん
北澤さん
富川さん
富吉さん
平塚さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2017.09.28
2017.07.05

子育て未来ネットこどもと さんの活動拠点にてヒアリングを実施しました。

2017.09.23

事前オリエンテーションを実施しました。

2017.09.27

インターネット調査を実施しました。

2017.09.28

質問事項のリストアップを実施しました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ