分科会3 食を通じた地域づくり~コミュニティカフェ・子ども食堂~

dsc_0367

地域の中のほっとできる居場所として、住民同士の交流の拠点として、高齢者の活躍の場として、コミュニティカフェや子ども食堂が広がりを見せています。
しかしながら、一般的に家賃の高い東京で、安定的に運営するにはどうすればいいか、また、一部の人の力に頼らず、どのような運営方法を取り入れれば、安定的に回っていくのか。
そのノウハウを各地の実践者たちからお伺いします。

●事例報告

[文京区]NPO法人 風のやすみば 資料 
[多摩市]NPO法人 福祉亭    資料    
[豊島区]要町あさやけ子ども食堂  資料 

◆分科会当日レポート◆

食を通じた地域づくりに取り組んでいる3つの団体が登場し、初めに各団体の活動概要を紹介する中で、皆さん口をそろえて「東京ホームタウンプロジェクトでプロボノ支援を受けたことで、自団体の活動内容を見直す良いきっかけをもらった」と話してくださいました。

参加者からは、「“食”をテーマとして活動を始めたきっかけは?」、「スタッフ集めや活動を維持していく上での課題は?」といったNPO団体の運営に関する積極的な質問があがっていました。
また、分科会参加者の中には、プロボノやその他の社会貢献活動経験者も多数いたため“支援する側の視点”からの意見交換も活発に行われ、全体を通して非常に有意義な情報共有の場となりました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ