分科会1 新しい地域支援事業で目指すもの

太壱みまもりネットワーク平成29年4月にはすべての区市町村が取り組むこととなる、「新しい総合事業」。
この新しい制度は何を目指して構築されたのか?
いま行政機関には何が求められているのか?
地域の住民、地域の多様なプレイヤーの参加を促して、地域課題を解決し、地域づくりに取り組む意義と都内各地における実践事例について学び、これから多様なサービスを提供する仕組みについて理解を深めます。

●事例報告

[墨 田 区]太壱みまもりネットワーク
[板 橋 区]NPO法人 ドリームタウン
[武蔵村山市]武蔵村山市南部地域包括支援センター

○ファシリテーター
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 社会政策部長 上席主任研究員 岩名 礼介氏

○コメンテーター
NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 代表理事 永沢 映 氏

★こんな人にお勧めです

○ 区市町村の介護予防・日常生活支援総合事業担当者
○ 地域包括支援センター、社会福祉協議会の担当者
○ NPO法人、ボランティア組織の職員
○ 医療・介護サービス提供事業者
など、地域包括ケアシステム、その構築に資する新しい総合事業・生活支援体制整備事業の関係者の皆さまのご参加をお待ちしています。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ