分科会3 食を通じた地域づくり~コミュニティカフェ・子ども食堂~

dsc_0367

地域の中のほっとできる居場所として、住民同士の交流の拠点として、高齢者の活躍の場として、コミュニティカフェや子ども食堂が広がりを見せています。
しかしながら、一般的に家賃の高い東京で、安定的に運営するにはどうすればいいか、また、一部の人の力に頼らず、どのような運営方法を取り入れれば、安定的に回っていくのか。
そのノウハウを各地の実践者たちからお伺いします。

●事例報告

[文京区]NPO法人 風のやすみば
[多摩市]NPO法人 福祉亭
[豊島区]要町あさやけ子ども食堂

★こんな人にお勧めです

○地域での居場所づくり、サロンやコミュニティカフェ等の運営をされている方
○生活支援コーディネーターや地域福祉コーディネーターなど、まさに地域づくりをご担当されている方
など、これからの地域コミュニティに必要とされる地域の暮らしの拠点を考える皆さまと一緒に考えます。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ