多世代交流の場をもっと身近に!
開発委員会 討論会レポート

地域住民が主体となって取り組んでいるユニークな活動をクローズアップし、その活動を支える理念や価値観と、実際の現場の活動における具体的な作業手順や活動の進め方などを描き出していく「多世代交流プログラムの開発」。

2018年度は、東京都内の多世代交流の拠点である、文京区「こまじいのうち」、板橋区「地域リビング プラスワン」、小金井市「地域の寄り合い所 また明日」の3団体にフォーカスし、『地域づくりの台本』としてそれぞれ5~7名からなるプロボノ*チームがまとめ上げていきました。(*仕事で培った経験・スキルを活かすボランティア活動)

この『地域づくりの台本』によって見えてくる3団体の特色はどのようなものなのか。そして地域活動の実践にあたって、ここに抽出されたエッセンスをどのように活用していただきたいか。本事業の委員3名にお話しを伺いました。


委員紹介

浅川澄一氏(福祉ジャーナリスト)
日経トレンディ創刊編集長。日経新聞の記者として40年勤務。
元日経新聞編集委員。現在は福祉ジャーナリストとして執筆・登壇等活動中。

坂倉杏介氏(東京都市大学 都市生活学部 コミュニティマネジメント研究室 准教授)
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所特任講師を経て現職。「芝の家」や人材育成事業「ご近所イノベーション学校」運営のほかコミュニティ形成プロジェクトに多く携わる。三田の家LLP代表。

広石拓司氏(株式会社エンパブリック 代表取締役)
シンクタンク、NPO法人ETIC.を経て、2008年株式会社エンパブリックを創業。環境省SDGs人材研修事業委員・講師、慶應義塾大学総合政策学部、立教大学大学院などの非常勤講師も務める。

嵯峨生馬(認定NPO法人サービスグラント* 代表)
*東京ホームタウンプロジェクト事務局


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ