地域づくり担当者のみなさまへ

新たな担い手との協働による「地域づくり」をサポートします

東京ホームタウンプロジェクトは、 「プロボノ」 による多様な人材との協働により、地域における生活支援や介護予防活動の充実、高齢者の社会参加等を促進し、いきいきと暮らせる地域づくりを支援しています。
2025年に向けて、地域づくりを加速させ、地域活動の支援を活発化するために、東京ホームタウンプロジェクトでは、地域づくり担当者のみなさまが日頃の取組のなかで抱えている課題の解決に向けたサポートに、より一層注力してまいります。

各種プログラムや本ウェブサイトをぜひご活用ください。

 

研修プログラム

  • 全体研修「多様な主体とともに取り組む課題解決とは -東京ホームタウンプロジェクト“新”活用法-」

2015年度から実施している都内各所での取組の中で得た、成功の要因や気付きなどをご紹介し、東京の強みである活発な企業活動、豊富な経験と知識を持った多くの人たちの力を活かす具体的な方法と、その効果、協働のポイントについてお伝えします。

  • ケース勉強会

地域課題の解決や、地域活動の活性化に結び付いた実例から、地域の人材との協働のヒントを学び、参加者同士での共有を行います。

>>研修プログラムのご案内はこちら

 

実践プログラム

課題解決力“共有化”プログラム

区市町村、1層・2層SC、プロボノが協働。地域団体等とのワークショップを通じて、地域が抱えている課題とその解決手法を広く共有するとともに、継続的な“共有化”に向けた仕組みづくりを行います。

>>課題解決力”共有化”プログラムのご案内はこちら

 

オンラインマッチングプラットフォーム「GRANT」活用プログラム

オンラインプラットフォーム「GRANT」を活用し、中間支援組織が「つなぎ手」として地域人材のマッチングに取り組むことを応援するプログラムです。

「GRANT」では、区市町村または日常生活圏域を単位として、地域団体が求める人材ニーズを発信し、新たな担い手をマッチングする仕組みを、立ち上げ・運営することができます。
2022年度は、その「体験版」として、事務局の継続的なサポートのもと、「GRANT」を活用した地域人材のマッチングを実践いただくことが可能です。

>>オンラインマッチングプラットフォーム「GRANT」活用プログラムのご案内はこちら

 

プロボノプログラム

地域団体の運営基盤強化や新たな担い手の拡大を、プロボノワーカー(ビジネススキルや専門知識を活かしてボランティア活動を行う社会人)のチームが支援します。
地域づくり担当者のみなさまは、地域団体のプログラム応募の窓口となっていただき、事務局のサポートのもと、プロボノプロジェクトに伴走していただきます。

>>プロボノチャレンジ(短期プログラム)のご案内はこちら

>>ホームタウンプロボノ(中・長期プログラム)のご案内はこちら

 

東京ホームタウン大学院

新たな地域活動を創造する実践型研究プログラムです。
「空き家を活用して地域の居場所を作りたい」「新たな見守りの仕組みを作りたい」・・・などお考えをお持ちの方は、新たな活動の立ち上げに際し、プロボノワーカーと協働することで幅広い視点を活かすことができます。
地域づくり担当者ご自身が主体となってのご参加はもちろん、活動立ち上げをご検討中の地域の方と一緒にご参加いただくことも可能です。

>>東京ホームタウン大学院のご案内はこちら

 

東京ホームタウンプロジェクト ウェブサイトの活用

  • 過去プロジェクトから課題解決事例をさがす

本ウェブサイトのトップページにある「プロジェクトをさがす」機能では、地域団体のカテゴリ別、支援内容別、地域別などで、過去のプロボノプロジェクトの詳細ページを検索することができます。
地域の課題解決方法の検討や、先行事例をさがす際に、ぜひご活用ください。

 

  • インタビュー記事やレポートを多数掲載「東京ホームタウンSTORY」

本プロジェクトで支援した中間支援機関、地域団体等の活動を詳しく紹介するインタビュー記事やイベントレポートを掲載する「東京ホームタウンSTORY」。
他地域の取組やプロボノ参加者の声を参照したり、イベントの振り返りなどにご活用ください。

>>「東京ホームタウンSTORY」はこちら


参加するには?

このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ