2025年の東京をつくる 東京ホームタウンSTORY

東京ホームタウン支援先レポート

高齢者に安心と生きがいを届ける
地域コミュニティとつながる商店街

NPO法人 街のお助け隊コンセルジュ
代表 青木弘道さん
2018年1月22日

2004年設立。品川区の中延商店街を拠点に、周辺に暮らす高齢者のちょっとした困り事をお手伝いする有償ボランティア活動を展開している。2015年度の東京ホームタウンプロジェクトでプロボノ支援を受け、その際、今後の目標の一つとして挙がっていたNPO化を2016年に実現。また、もう一つの活動として、希少価値の高いニホンミツバチの養蜂事業も独自に手掛け、その“幻のハチミツ”は中延商店街発の名物として商店街の活性化にもつながっている。

> ウェブサイトはこちら

ページ:2 / 3

高齢者にやさしい「商店主」とは

先ほど言いましたように、高齢者は“使えるお金”を持っています。原宿の竹下通りで買われるものの1点の単価は800円だそうですが、同じ原宿でも、おばあちゃんの原宿と言われる巣鴨のとげぬき地蔵商店街では、3,000円だそうです。しかも、1点だけ買わず、たくさん買っていきます。

高齢者は若い人たちよりもお金を使ってもらえる世代である、ということを商店街の人たちにお話しますと、君に言われなくてもそういうことはわかっているよ、とおっしゃるんです。でも、具体的にどういう風にやっていらっしゃるんですか?と聞くと、いやいやいや、大事にしてるよ、と返ってきます。気持ちはあるけれども、具体策はあまりないのです。店先で高齢者が転んだ時に手を差し伸べてあげるよ、と言います。それは、商店街としての親切ではなく人間としての親切ですよね。商店主としての親切とはどういうことでしょうか。

いくつかヒントを見つけました。

例えば、高齢者になると、30分か1時間、外を出歩いていると、催してくるんですよ。商店街の事務所にトイレが1ヵ所ありますが、和式で立ち上がるのが面倒、しかも寒い。郵便局でお金をおろしても、これじゃあ家の温かいトイレに入ろうか、とすぐに帰ってしまいます。商店街には、疲れてちょっと休みたいときにもベンチがありません。

プライスカードはどうでしょうか。気取った店ほど小さくしますね。白い紙にグレーの文字で書いてあったり、裏返してあるお店もある。高齢者は、白内障などで数字が見にくくなっています。高齢者のためにはできるだけ目立つ色で、大きくして、高齢者にとって買い物しやすいようにしてあげることも、ひとつの親切だと思います。

魚屋さんで、サンマがたくさん入荷したので3匹で500円。若い人だったら喜ぶけど、年寄りが3匹買っても仕方ない。1匹の魚を半分に切ったりして、別々の食べ方をするんです。そこで、レシピをつけたりすれば、割高にして売ることができる。大量に売ることばかりを考えるより、ひと工夫、親切にすることによって、商売が成り立っていきます。

日常生活難民と、地域に役立ちたい人とを結ぶ活動

私は、この活動をする前に、バリアフリー協会といいまして、どうすればバリアフリーな社会が作れるかということを研究する機関にいました。

いまの時代、100人の高齢者がいたら、3割は介護を受けないと生活が難しいという人、4割は、去年までいろいろできたのに除草や電球の交換など、日常生活に不自由している人たちがいます。大げさですけど、そうした高齢者を「日常生活難民」と言っています。あと3割ぐらいが、健康な高齢者です。

介護が必要な人は、国の制度で介護保険が適用されて、ヘルパーがつきます。一方、日常生活難民の人たちには、適用される制度もなく、ヘルパーもつきません。とくに都会では、お隣さんとの接触もしないという人が多く、高齢世帯は一人暮らしでも、結局、自分で我慢するしかなくなってしまう。そこでこうした方々が、円滑に日常生活を送れるようにするにはどうしたらいいかな、と考えたときに、元気な高齢者に着目しました。

定年早々で、地域社会や人助けなどをしたいと思っているような人がいても、地域にはそうした人を受け入れる素地がありません。変わった人だな、とか、選挙に出たいんじゃないか、とか、変な目で見られてしまうこともあります。
地域社会に役に立とうという気持ちがあるにもかかわらず、システムがないため、結果的に、健康的な人でも、日常生活難民や、ひいては、要介護状態になってしまっています。

そこで、日常生活難民の困り事に対し、健康な高齢者がボランティアとして生活をお助けしましょう、という仕組みをつくったのが、「街のお助け隊コンセルジュ」です。


東京ホームタウンプロジェクトの支援先、参加者、協力団体などをご紹介します。

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す
このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ