2025年の東京をつくる 東京ホームタウンSTORY

東京ホームタウン支援先レポート

本当に知りたいことが書いてある
「みたかの高齢者 お役立ちハンドブック」ができるまで

みたか・みんなの広場運営協議会
代表 成清一夫さん(写真右)、事務局長 竹内碩子さん(写真左)
2020年3月26日

三鷹市の「グループリビングみたかの家」を拠点に、高齢社会の様々なテーマに取り組む5つの団体によるネットワーク。2015年度東京ホームタウンプロジェクト「プロボノ1DAYチャレンジ」に続き、2018年度の長期プロジェクトにも参加。みたか・みんなの広場の創立10周年記念事業「みたかの高齢者お役立ちハンドブック(改訂版)」の制作に向けて、プロボノ支援を受けてアンケート調査を実施した。

ページ:4 / 4

みたか・みんなの広場のこれから

最後に、みたか・みんなの広場のこれからについて、成清さんに聞きました。

 「みたか・みんなの広場を始めてから10年経って、僕らも10歳年をとって、世の中もどんどん高齢化が進みました。いま高齢者が声を出さないと、大変なことになるという実感もあります。みたか・みんなの広場でやっていることは、高齢者一人ひとりにアドバイスしたり、情報を出したりということではありますが、それだけではもう間に合わないと思っていて、もう少し広い視野に立って、周囲の人たちと連携していく必要性を強く感じています。

 たとえば去年、国の介護保険審議会で、要支援1、2の保険給付を各地域行政に移行させたいという議論がありました。今回の制度改正では見送られましたが、3年後にはまた出てくるので、そのための準備もしなければならない。また、親しくしている認知症専門医から、認知症の人の人権復活をしたいということを聞いて、それは高齢者も同じことなので、そういう現実をなんとかしたいと考えています。そして、何か行動を起こすと、またその周辺からいろいろな問題が出てくるので、市民ができることをひとつひとつ積み上げていくしか、方法はないのだろうなと思っています」

地域住民と市民活動団体が共同で活動するための“助け合いの場”を作ろうとスタートしたみたか・みんなの広場は、この10年、様々な人を巻き込みながら結果を残してきました。成清さんの言葉から、その活動がさらに大きなネットワークとなっていく未来が見えてきました。

ハンドブックをとおして、市民の方々との交流を深めたいと語る成清さん

 

*「三鷹の高齢者お役立ちハンドブック(改訂版)」は、みたか・みんなの広場のHPhttp://minnannohiroba.web.fc2.com/ からダウンロードができます。また、メール(knarikiyo@gmail.com)で依頼すれば、ハンドブックを郵送してくれるとのことです。

(取材・文 細井 聖)


東京ホームタウンプロジェクトの支援先、参加者、協力団体などをご紹介します。

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す
このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ