地域団体の新たな担い手を広げる「つなぎ手」に - オンラインプラットフォーム「GRANT」活用プログラム

対象者
地域包括ケアシステムの構築に向けて、地域づくりのための新たな担い手の発掘や地域資源のマッチング等に取り組む下記中間支援組織の職員・役職のみなさま
(1)区市町村 介護予防・日常生活支援総合事業担当部署等
(2)区市町村社会福祉協議会
(3)地域包括支援センター
(4)生活支援コーディネーター
目次

-オンラインプラットフォーム「GRANT」活用プログラムとは
-プログラム概要
-対象
-お問い合わせ

 

オンラインプラットフォーム「GRANT」活用プログラムとは

地域のなかで人と人のつながりを生み出し、住民の健康づくりや生きがいづくり、日々のちょっとした困りごとのお手伝いなどに取り組む地域活動団体。その多くが、「担い手」の不足という課題を抱えています。

一方で、身近な地域には、地域やボランティアに関心がありながら、まだ地域での活動に関わったことがない人も数多く存在しています。また、そのなかには、企業等で長年の経験を培っていたり、さまざまな専門知識を持っている人もいます。

本プログラムは、オンラインプラットフォーム「GRANT」を活用し、中間支援組織が「つなぎ手」として地域人材のマッチングに取り組むことを応援するプログラムです。
「GRANT」では、区市町村または日常生活圏域を単位として、地域団体が求める人材ニーズを発信し、新たな担い手をマッチングする仕組みを、事務局による継続的なサポートを受けながら立ち上げ・運営することができます。
2022年度は、その「体験版」として、事務局の継続的なサポートのもと、「GRANT」を活用した地域人材のマッチングを実践いただくことが可能です。

東京の強みである豊富な人材との新たなつながりを生み出し、地域づくりの活動に新しい風を吹かせることに関心をお持ちの生活支援コーディネーターや区市町村・社協・包括等のみなさまは、ぜひご参加ください。

 

プログラム概要

本プログラムは以下の3つのステップによって構成されています。
[1]から[3]まで通してのご参加のほか、[1]のみのご参加も可能です。
なお、すべてのプログラムは「オンライン(Zoom)」による開催を予定しています。

[1] 登録相談会(8月3日(水)10:30-12:00)

オンラインプラットフォーム「GRANT」を活用し、事務局のサポートのもと、新たな担い手を募るための具体的な支援希望内容をまとめた「プロジェクト」を登録していきます。
※新たな担い手による支援を希望する地域団体の方とご一緒にご参加ください。
※まずは自組織に対する支援でマッチングを体験することも可能です。

[2] 進捗共有・サポート会(月1回/9月~11月 第一水曜日)

マッチングを実施していくうえで直面する課題や疑問点を共有し、課題点の解消に向けたヒントをお伝えします。

[3] 振り返り会(12月7日(水)10:30-12:00)

マッチングの成果を共有し、振り返りを行います。また、「GRANT」を自地域で継続して活用される場合には、その仕組みの立ち上げをサポートします。

 

対象

区市町村・包括・社協等の職員・生活支援コーディネーター
特に、下記のような状況・課題意識をお持ちのみなさまは、ぜひご参加ください。

「地域団体と接する中で新たな担い手を求める声が多く、団体のニーズに応えたい」
「オンラインツールを活用して、これまで接点がなかった人材とのマッチング・協働を体験してみたい」
「地域づくりの重点施策として新たな担い手の確保を掲げ、取組を進めていきたい」

 

申込方法

4月20日開催の「令和4年度 区市町村・社会福祉協議会・地域包括支援センター等向け説明会」でご案内いたします。

>>説明会参加・動画視聴のお申込みはこちら
>>令和4年度 東京ホームタウンプロジェクトのご説明資料・公募書類等の一覧はこちら
 

お問い合わせ

東京ホームタウンプロジェクト事務局
(認定NPO法人 サービスグラント内 担当:上原)
メール:tokyo@servicegrant.or.jp
電話:03-6419-4021/090-4945-1630


プログラム紹介

このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ