テーマ2 シニアの力を発揮し地域に活かす

東京都の65歳以上の高齢者における要介護認定率は2018年度時点で約18%。今後も認定率は上昇し続けるという予測があるものの、逆にいえば8割以上の高齢者が元気な健康状態を保っています。

そうしたシニアの皆さんに、これまでの仕事や社会経験を活かして活躍いただける機会が、地域にはまだまだあるはず。元気高齢者の力を引き出し、地域に溶け込んで活躍する機会を創出している様々な団体に、その取り組み内容や運営のコツ、シニアの皆さんの活躍の様子などをお聞きします。

●活動報告

[千代田区]NPO法人シニア大楽 資料
[足 立 区]人生ココから見本市実行委員会 資料
[品 川 区]NPO法人街のお助け隊コンセルジュ 資料
[杉 並 区]社会福祉法人いたるセンター 地域ケアセンターサポートウィズ 資料

◆分科会当日レポート◆

本分科会では、シニアに力を発揮してもらうために、得意を活かした講師派遣・地域イベント開催・有償ボランティア活動・障害者の外出支援、といった独自の仕組みづくりに取り組んでいる4団体の活動紹介がありました。

「シニアが力を発揮するために特別なスキルは必要ない。誰もが役に立てる」「シニアだけでなく、多世代を巻き込んでいくことが大事」といった、登壇団体からのお話への関心が高かったようです。「どうしたら多世代を巻き込めますか?」という質問には「具体的に、どんなことに困っていて、何をやってほしいことかを伝える」といった、実体験に基づくアドバイス、意見交換がありました。分科会参加者からは、登壇した団体の活動をもっと知りたい、参加してみたいといった声も多く、シニア世代、プレシニア世代の方々の「地域活動への参加機会」へのニーズの高さを感じました。
(117人参加)

 

 

 

 

 

 

 


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ