-終了- 東京ホームタウン大学院 実践型研究プログラム 受講生募集

更新日:2021年07月15日

東京ホームタウン大学院 実践型研究プログラム

[活動時期]2021年8月~2022年2月下旬

“東京で新たな地域活動をはじめたい”
ゼロからの取り組みを応援します

東京ホームタウン大学院実践型研究プログラムは、ご自身で取り組みたい活動プランを具体化・具現化することを目指します。

活動を立ち上げたい代表研究者と、活動をサポートする共同研究者でチームを組み、約半年の期間をかけてヒアリング・調査等を重ねながら地域づくりの未来像を立体的に立案し、地域に関わる多様な人々に向けて成果を発表します。
期間中は複数回の集合型プログラムを実施し、アドバイザーや専門職の方々との意見交換を通して、活動の実践に向けたサポートを行います。

東京で新たな地域活動を立ち上げたい、自分らしい地域との将来像を描いてみたい。そんな方々のご応募をお待ちしています。

▼参加方法
▼プログラム
▼アドバイザー
▼参加費
▼修了要件

 

参加方法

■代表研究者として参加したい

自ら新たな地域活動を立ち上げたい人は「代表研究者」として応募してください。実践計画書を提出いただき、3-5テーマ程度を選定した後、共同研究者を募集します。
詳細は、地域活動アイデアソン(7月24日)にて発表します。

[対象]
・プロボノ参加経験者(参加予定も可)
・地域活動をはじめたばかりの人
・社会福祉協議会、地域包括支援センター等の中間支援機関の方 など

[応募要件]
①「地域活動アイデアソン」(7月24日)に参加された方
②以下プログラムのすべてに参加できる方
・実践計画発表会( 9月5日)
・活動実践者ヒアリング会(10月13日)
・中間共有会(11月21日)
・最終発表会(1月23日)

■共同研究者として参加したい

代表研究者の地域活動の実践に協力する立場で参加したい人は「共同研究者」として参加してください。「実践計画発表会」にて、各研究テーマを発表します。その後、希望するテーマに応募してください。
詳細は、実践計画発表会(9月5日)にてご案内します。なお、共同研究者は、代表研究者からの個別勧誘も可能です。

[対象]
・地域活動の立ち上げに関心のある方
・地域団体の方、地域活動者の方
・社会福祉協議会、地域包括支援センター等の中間支援機関の方  など

[応募要件]
①実践計画発表会( 9月5日)への参加
※代表研究者からの個別勧誘の場合も、実践計画発表会へご参加ください

プログラム

実施スケジュール(2021年8月~2022年2月下旬)は以下を予定しています。

実践計画の募集 7月24日(土)~8月14日(土)
・8月下旬頃に実践計画の内定を予定しています

実践計画発表会 9月5日(日) 10:00-12:00
・アドバイザーとの意見交換、参加者との質疑応答を行います
・期間中の活動をサポートする共同研究者を募集します
・チームごとに活動を開始します

活動実践者ヒアリング会 10月13日(水) 19:30-21:30
・地域活動を実践されている方々へヒアリングを行います

中間共有会 11月21日(日)10:00-12:00
・状況を共有し、アドバイザーとの意見交換、参加者との質疑応答を行います

最終発表会 1月23日(日) 10:00-12:00
・成果物を共有し、アドバイザーとの意見交換、参加者との質疑応答を行います

東京ホームタウンプロジェクト総括イベント 2月下旬頃
・地域に関心を持つ多様な人々に向けて成果を発表します

※上記は集合型プログラムの予定です。その間の研究活動は、研究チームごとに自主的に進めます(活動時間の目安は週5時間程度)

アドバイザー

広石拓司氏
株式会社エンパブリック代表取締役、ソーシャル・プロジェクト・プロデューサー

井上温子氏
NPO法人ドリームタウン代表理事、板橋区議会議員

参加費

無料

修了要件

1)プログラム出席機会のうち3/4以上の出席
2)修了課題の提出完了

問い合わせ先

【事務局】
本事業についてのお問い合わせは、下記までお願いします。
認定NPO法人 サービスグラント(担当:上原・齋藤)
電話: 03-6419-4021 電子メール:tokyo@servicegrant.or.jp
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-10 中里ビル4階

 


最新情報

このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ