「東京ホームタウン大学の教科書」が完成しました

▲上記の画像をクリックするとPDFでご覧になれます。

東京ホームタウンプロジェクトが始まってから2020年で5年が経過。これまでに、たくさんの人と人がつながり、多くの魅力的な活動が生まれ、東京の地域の力は着実に強まってきています。

これから東京は、本格的な超高齢社会を迎え、誰も経験したことのない大きな変化が生じることになります。次の5年、10年、その先を見据え、これまでよりもいっそう、人と人のつながりや助け合いの輪を、発展させていく必要があります。

この冊子には、過去の「東京ホームタウン大学」にご登壇いただいた方々の貴重なお話しのほか、地域団体等で活動するみなさん、プロボノとして地域に関わりを持ち始めたみなさん等、“多様な主体”が登場します。そして、これまで本プロジェクトの取り組みの中でこれらの方々と共に得てきた、「東京のこれから」を作っていくためのヒントがたっぷりと詰まっています。

東京に住む一人ひとりが自分のまちの中で自分の役割を持ち、お互いにつながり合う。そんな豊かなまちを東京に増やすために。
あなたもこの教科書からヒントを得て、未来の東京を作っていく一員になりませんか?


東京ホームタウンプロジェクトとは?

このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ