新宿区 マーケティング基礎調査

みんなのリビング葛が谷

生家を開放し、ご近所の健康を日常的に支える拠点へ。他地域のモデルとなれる事業を目指して。



新宿区西落合を流れる妙正寺(みょうしょうじ)川。川沿いから少し入り組んだ小路の先に現れる小さな民家が、「みんなのリビング葛が谷(くずがや)」です。

代表者の佐藤雅明さんが生家の1階リビングをコミュニティスペースとして開放。2016年には “みんなのリビングをみんなで作ろう”と呼びかけ、「場づくりのがっこう」というイベント仕立てで、このスペースの漆喰塗りやカーテンづくりなどを地域の方々と一緒にDIY。ちゃぶ台の置かれたモダンな和風の空間を作りました。現在、活動の中心となっている月2回開催のコミュニティカフェ「こみちをぬけて」では、近所の高齢者から子どもたちまでさまざまな人が、おいしいコーヒーやカフェごはんを楽しみながら、交流を深めています。

佐藤さんは、なぜ仕事とかけ持ちしながらこうした活動を始めたのでしょう。
「僕は2013年までここに住んでいましたが、転勤をすることになったとき、比較的若い世代が近隣にいなくなること、家が空き家になってしまうことに危機感を持ちました。このあたりは戦後からずっと住んでいる人が多く高齢化が進んでいます。妙正寺川が氾濫して被害を受けたこともありますし、住宅密集地なので火災を心配する人もいます。」

結果的に転勤は短期間で済んだのですが、佐藤さんは志を同じくする仲間からアイデアを募り、また近隣地にある介護サービス施設と連携するなどして、地域の居場所づくりを進めてきました。

いまでは、コミュニティカフェの開催時に看護師さんに常駐してもらい、気軽に健康相談ができる「ちょこっと保健室」など、新しい試みも始めています。今後、カフェから発展させて「コミュニティ食堂」を作るというアイデアも出ています。
「高齢者を中心に、子どもたち、忙しいビジネスパーソンなどさまざまな人に平日の昼夜の食事をリーズナブルに提供する、惣菜として販売する。高齢者向けには見守りを兼ねた配食なども手がけていければと思っています。高齢の方はもちろんですが、この地域の人たちみんなが、家庭的で健康的な食生活を送れるようにしたい。」

そうしたいろいろな構想がある中で、いままさに実現に向かって動き出しているのが、高齢者にとって「食べる能力の維持」が大切なことから、口(口腔)の機能を維持するために、口を使った運動会的なイベントとして人気が高まっている「くちビルディング選手権」という手法を取り入れたサロン活動の事業化。「梅干しの種飛ばし」といった面白い競技を行いながら“楽しいから参加し、結果として健康になる”企画として、地域の方々と一緒に運営していきたいと考えています。早ければ2017年中に、地域住民に対してこの事業の説明会を開くというのが目標です。

しかし、佐藤さんが仕事と掛け持ちしながら企画から実行までのすべてを行うのは難しいこと。事業の骨子は企画書にまとまっているものの、そこに住民のニーズを反映したり、地域の人たちに運営の担い手としても活躍してもらう方法を考えたり、継続的に来てもらうための仕掛けをするなど、肉づけが必要になってきます。

プロボノワーカーによるマーケティング基礎調査を通じて、肉づけに必要な素材を集め、「みんなのリビング葛が谷」が地域の持続的な居場所となれるよう、そして住民の健康を支えていく身近な拠点として、ゆくゆくは他地域でも展開できる事業となっていけるよう、サポートします。

団体基本情報

団体名
みんなのリビング葛が谷
活動開始時期
2015/平成27年4月
代表者名
佐藤 雅明さん
所在地
〒161-0031 東京都新宿区西落合2-8-26
ホームページ
https://www.facebook.com/minnanolivingkuzugaya

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す


準備中
進捗状況

最終更新 2017.07.03
2017.07.03

みんなのリビング葛が谷にてヒアリングを実施しました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ