地域リビングプラスワン(板橋区)

“誰でも受け入れる”から生まれる
日常をシェアする居場所

こんな問題意識をお持ちの方に

本誌では、板橋区高島平団地で、多世代のボランティアが運営に関わり、幅広い住民が利用するコミュニティカフェ「地域リビングプラスワン」を取材し、多くの人を引き付けるこの場所の魅力、運営者の考え方や基本的な価値観、スタッフの振る舞い方や人との接し方などを詳細に描き出すことに挑戦しました。

地域づくりに取り組む中で、次のような問題意識をお持ちのみなさまに、特におすすめしたい内容です。

  • 地域に開かれたコミュニティスペースを作っていきたい。特定の世代や限られた方々に利用されるのでなく、もっと幅広い人が入りやすいような場づくりに取り組むにはどうすればよいのか。誰でも気軽に立ち寄ることができるような場づくりに必要な、考え方や運営の仕方を知りたい。
  • 多数のスタッフやボランティアの人たちが集まるなかで、価値観や意識をしっかりと共有するにはどうしたらよいか。また、メンバー同士で、合う人や合わない人もいる。感じ方・考え方の違いを乗り越えて、コミュニティの運営を進めていくにはどうすればよいのかを知りたい。
  • 居場所の運営を続けていくためには、マンネリ化を避けていくことが重要だ。いろいろなアイデアや企画が実現するような、活気のある場を運営していくためのヒントを知りたい。

こんなメンバーで作成しました

プロボノチーム:土屋さん[プロジェクトマネジャー]、岩木さん、椎名さん、土井さん、堀之内さん、三塚さん

〉プロジェクトのご紹介はこちら

本編は目次をクリックするとご覧になれます。

お手元資料としてご覧になりたい方は、以下のフォームより簡単な質問にご回答のうえ、印刷用データをダウンロードしてください。

「地域リビングプラスワン(板橋区)」台本ダウンロード 

資料をダウンロードするには、フォームに必要事項を入力して「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ