東京都全域 東京ホームタウン大学院

女性の老後の新しい暮らし方〜困りごとは半分に、楽しさは倍に〜



2040年、東京都で一人暮らしをする65歳以上の高齢者は、全国最多の116万人にものぼり、実に高齢者世帯の45.8%が一人暮らし世帯になると予測されています。

今から20年後「一人暮らしをするなら、私はどんな暮らしをしているだろう?」超高齢社会で生きていくことを自分事として捉えた嵯峨慈子さんは、年を重ねてもイキイキと暮らし、お互いに力を出し合いながら楽しく活動し、心豊かに暮らせる住まいづくりにむけた研究計画を提案しました。

嵯峨さんの研究では、イキイキとした豊かな老後の暮らしを望む女性を対象に、老後の生活について、現在はどんなイメージでとらえているか、インタビューやアンケート調査で生の声を拾い上げていきます。また、いま現在、人との関わりをつくりながら楽しく暮らす高齢者の方に、そのコツやライフスタイルなどにもヒアリングしていく予定です。

研究を通じて、どういう関係性の人が近くに暮らしていたら楽しいのか、困った時にヘルプを出せるにはどんな関係づくりが必要かなど、高齢になっても積極的な人生を送るための実践的な「関係づくり」の提案をめざします。

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

代表研究者
嵯峨慈子(およし)さん
共同研究者
檜森秀子(ひもりん)さん
今智津子(ちーちゃん)さん
入江真知子(マッチ―)さん
小川景司(けーしくん)さん
後藤英子(エイミー)さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2020.11.23
2020.09.04

キックオフミーティングを実施しました。

2020.09.07

新しい暮らし方の実践者にインタビューを行いました。

2020.09.18

Community residenceに関する海外文献・事例調査を実施しました。

2020.09.26

アンケートづくりの先行研究を調査しました。

2020.09.26

文献・先行研究等の調査を実施しました。

2020.09.30

新しい暮らし方の実践者にインタビューを行いました。

2020.09.30

調査仮説構築を実施しました。

2020.10.15

アンケートのたたき台が完成しました。

2020.10.23

イキイキと豊かな暮らしを実践している高齢者の方々にインタビューを行いました。

2020.11.06

中間共有会(第1回)を実施しました。

2020.11.06

調査票が完成し、Webアンケートを開始しました!

2020.11.14

イキイキと豊かな暮らしを実践している高齢者の方々にインタビューを行いました。

2020.11.23

アンケート調査票の配布・回収を完了しました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ