港区 東京ホームタウン大学院

オンラインで合唱や合奏を楽しむには? 「リモートコラボレーション」の可能性



新型コロナウィルスの影響で、さまざまな地域活動が自粛を余儀なくされ、活動を休止したり、大幅に縮小せざるを得ない状況に置かれています。

港区にお住まいで、港区健康づくりサポーターや、他市における介護予防の活動などに参加する中原晃治さんは、長年、ITサービス新規事業で培ってきた先進的な技術の知見を活かして、こうした状況の打開に役立つ提案ができないかと研究計画を提案しました。

中原さんの研究では、感染予防の観点から再開に向けたハードルが特に高いと考えられる、合唱や合奏、あるいは呼吸法などの活動において、すでに普及しているスマホやタブレットなどのモバイルツールを活用した「リモートコラボレーション環境整備」の可能性を模索します。

現在、急速に普及しているオンライン会議ツールでは、打ち合わせや会話は楽しむことができますが、多くの人が一緒に歌を歌ったり、手拍子を打ったりするといった動きには限界があります。そうしたなか、オンライン上でも音や動きがずれたりせず、高度な連携を可能にするアプリやソフトウェアなど「多地点リアルタイムコミュケーションを実現するツール」を、港区内の団体や公共施設などで導入する実証実験に取り組みます。合唱や合奏などの活動を行う地域団体が、だれでも簡便に、遠隔で活動できるためのしくみの提案を目指します。

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

代表研究者
中原晃治さん
共同研究者
松山友一さん、塩見耕平さん、向後功作さん、木村礼壮さん、槇尾茂樹さん、樋口雅宏さん、渡辺透さん、丸子和美さん、里見直樹さん、堀内信彦さん、前川和久さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2020.10.16
2020.08.22

キックオフミーティングを実施しました。

2020.09.07

実験ツールの選定と事前評価を行いました。

2020.09.07

文献・先行研究等の調査を実施しました。

2020.09.13

実験ツールによる事前セッションを行いました。

2020.09.20

調査仮説構築を実施しました。

2020.10.16

実証実験を実施しました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ