東京都全域 東京ホームタウン大学院

人はどういう経緯で地域デビューするのか? 多様な世代の地域活動を後押しするモデル調査

「人生100年時代」という言葉が普及してきました。リタイア後の人生が長くなり、地域活動をはじめとしたセカンドキャリアの設計がますます重要とされています。ただし、定年後、いきなり地域へ入り込むのは難しいことです。会社中心の生活から、どう地域に入り込んでいくかは、誰もが考えるべき課題となっています。

白井啓子さんは、自身のご家族の体験をきっかけに、介護の現場の触れる機会がありました。その時、介護や高齢者をめぐる社会問題の多さや、自分自身の将来について課題感を持つようになります。一方で、職場や趣味だけでない、人脈や生きがい、ライフワーク形成などのため、仕事以外の活動の場を持つことが大切と思い、地域活動に参画するようになりました。

今回の研究では、「多様な世代で持続可能な地域活動をするにはどうしたらいいか?」をテーマに、個人の地域デビューのモデルケースの調査を行います。白井さん自身のジャーニー(地域活動に至るまでのプロセス)と同じように、実際に地域デビューを果たした方々をピックアップして、どのように地域活動参画に至ったのかを調査します。

本研究では、地域活動への参加にいたるまでの過程をパターン化することで、「地域参加したいけど、どうやったらいいかわからない」というニーズに応え、地域デビュー前の、多様な世代の地域参加を後押しできるような調査結果を創り出すことを目指しています。

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

代表研究者
白井 啓子さん
共同研究者
河西 沙央理さん
田中 洋さん
山本 祥司さん
土屋 貴志さん
梅澤 稔さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2020.10.17
2020.08.30

キックオフミーティングを実施しました。

2020.08.30

文献・先行研究等の調査を実施しました。

2020.09.15

地域活動の成功事例を調査しました。

2020.09.19

調査仮説構築を実施しました。

2020.09.30

地域活動団体参加者へのインタビューを行いました。

2020.10.01

地域活動団体参加者へのインタビューを行いました。

2020.10.04

地域活動団体参加者へのインタビューを行いました。

2020.10.06

地域活動団体参加者へのインタビューを行いました。

2020.10.17

インタビュー結果をもとに、仮説をブラッシュアップしました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ