国分寺市 東京ホームタウン大学院

セカンドライフを豊かにするための地域とのつながり方とは?



昨年度までビジネススクールに通っていた佐藤知行さんは、新たなビジネスモデルやテクノロジーを利用して社会課題を解決する研究プロジェクトに携わっていました。より実践的な場で学びを生かしたいと考えていた佐藤さんは、東京ホームタウン大学院の存在を知り、ビジネススクールで研究を共にしたチームメンバーに声をかけ、研究計画を提案しました。

テーマとして考えたのは「地域とのつながり」。佐藤さんは国分寺にお住まいで、市外で勤務しているためご自身も地域との関わりは少なかったのですが、40代後半に差し掛かり、地域とのつながりを自分事として考えるようになってきました。

地域に目をむけてみると、地域コミュニティや行政サービスは数多く存在しているものの、参加者が限定的で参加しづらかったり、必要なところにサービスやしくみが整っていなかったりという印象があり、地域の課題を感じました。

そこで、研究においては、40代50代のプレシニア層に対して、個々の強みを活かしたつながりを地域の中につくり、豊かなセカンドライフの実現を支える仕組みを構築するための基礎調査を行います。また、新型コロナウイルスの影響で、リアルな接点が減少しているなかで、新たなつながり方についても模索を行います。

研究課程の取り組みは、佐藤さんが暮らしている国分寺市内で実施します。プレシニア層やシニア層へのヒアリング調査や、既存の行政・民間サービスに関する情報調査等を通じて、豊かなセカンドライフを実現するために必要な仕組みの提案を目指します。

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

代表研究者
佐藤 知行さん
共同研究者
近藤 隆史さん
谷口 香織さん
奈良場 佑介さん
平野 景樹さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2020.10.14
2020.09.03

キックオフミーティングを実施しました。

2020.09.16

国分寺市役所にヒアリングを実施しました。

2020.09.16

地域活動団体にヒアリングを実施しました。

2020.09.23

地域活動団体にヒアリングを実施しました。

2020.10.03

現場見学・活動体験を実施しました。

2020.10.14

地域の人たちとのワークショップ開催にむけて準備を行いました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ