北区 プロボノチャレンジ|チラシ制作

こころとからだの元気Lab.

幸せと元気を感じる“香りとタッチングの力”。再び多くの人へ届けられるように!



「早期退職後、人生100年と考えたとき、地域との関わりがないことに不安をいだいていました。体調を崩し、何かに助けを求めていたときに、アロマ・ボランティア講座に参加して、私は香りに一番救われたんです。」
3年ほど前から「こころとからだの元気Lab.」の活動を続けている遠藤さんは、こう語ります。

「こころとからだの元気Lab.」は、平成18年(2006年)に代表の堀口さんが、アロマを通じたボランティアの活動としてスタートました。男女共同参画センターでの定期的な活動や、障害者・高齢者福祉施設での活動などを経て、現在は性別や年齢にかかわらずだれもが気軽に参加できる「アロマリラックスたいむ」、ボランティアを養成する「アロマ・ボランティア講座」などを開催しています。
ボランティア講座を開始したことでメンバーも増え、自分たちで学び合いながら活動をブラッシュアップしてきました。皆で地域の認知症カフェや老人ホームなどを訪問するようにもなり、活動のベースが広がってきたという矢先のコロナ禍。
これまでに行っていた、ハンドタッチなどのふれ合いながらの活動が出来なくなり、ボランティア活動やイベントも軒並み中止。活動も一次休止状態となってしまいました。

しかしその後も、これまで訪問していた施設に「香りのお便りカード」をつくって届けたり、オンラインでマスクづくりなども行ったりしながら、メンバー同士の学びの活動を続けていました。
昨年(令和2年)の夏からは、感染予防を考慮して、活動の内容を「アロマクラフトづくり」や「セルフケア」等に変更し、「アロマリラックスたいむ」を再開しました。今年(令和3年)の4月からは、オンライン(ハイブリット型)を導入。オンライン参加の方には、郵送でアロマのキットを届けるなど、工夫をしながら定期的に開催しています。

オンラインでの活動には配信のための機材やインターネットの環境整備なども必要で、参加者に参加費を頂いたり、助成金を活用したりしているとはいっても、運営はなかなか難しいもの。感染症対策を行いながら、ハイブリットでの実施は、やはりうまくいかないと思うことも多く、「毎回、参加者の意見を聞き、問題を少しずつ解決しながらやっているが、新たな問題が出てきてスッキリしない」と堀口さんは言います。
しかし、「地域には高齢者の方なども多く、そういう方に月に一回でも参加してもらい、触れ合いは難しくともおしゃべりができたら」。そんな気持ちで、毎月一回は必ずリアルでの活動を続けているのだそうです。

遠藤さんは、初めて講座に参加したときのことを振り返って、「ハンドタッチは、手を誰かに触れてもらったときの安心感が心地よかった。自分にとっても相手にとっても幸福感をもたらすものだと思ったんです」と言います。
多くの方々に、心からリラックスしたひと時を届けられる、その時が再び来ることを祈って。東京ホームタウンプロジェクトでは、「こころとからだの元気Lab.」のこの先の活動に向けた一歩を応援します。

<プロボノプロジェクトの内容>
「今は知識を蓄えるとき。コロナが収束した後を思い描いて、その先の広報活動に向けた準備をしながら、目標を持って今を乗り越えたい。」
会のメンバーの皆さんが、新たな目標を持ち、活動を継続していけるように、プロボノプロジェクトでは、活動チラシのリニューアル案を作成。現在は主にメールや電話などで受けているという新規参加申込の方法についても、オンラインでの受付方法を記載するなど、新たな参加者が増えるよう、広報から申し込み受付までの流れも含めて提案します。

団体基本情報

団体名
こころとからだの元気Lab.
活動開始時期
2006/平成18年9月
代表者名
堀口 美智子
所在地
東京都北区赤羽
ホームページ
https://ja-jp.facebook.com/genki.lab2006/

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す


準備中
進捗状況

最終更新 


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ