八王子市 マーケティング基礎調査

八王子市 高齢者福祉課

身の回りのちょっとした困りごとに応えられる、地域のインフラ定着のためのカギとは?


東京都八王子市は、市内に数多くの住宅団地が立地しています。
特に、昭和40年代以後、八王子市では宅地開発が進み、多くの人が移り住んできました。昭和40年代の人口が20万人台だったのに対して、2020(令和2)年現在の八王子市の人口が50万人を超えることからも、ここ数十年での人口の大きな変化を見て取ることができます。

昭和40年代に移住してきた働き盛りの住民が、今ではシニア世代となって、地域活動の担い手となりつつあります。そうした中、八王子市では、地域包括ケアを推進するための取り組みの一つとして、地域住民の互助による生活支援活動を後押ししています。

にぎやかな中心市街地、計画的に開発されたニュータウン、豊かで自然に恵まれた山地や丘陵地など、地域ごとに様々な特性を有する八王子では、その地域特性に応じた高齢者の生活課題を「できることをできる範囲で」住民同士で助け合う生活支援活動がかねてより地域で展開されていました。生活支援とは、高齢者が暮らす住まいにおけるちょっとしたニーズに応えるサポートを提供する活動です。
例えば、電球の交換や高いところの掃除、家具の移動、ゴミ出し、お風呂掃除、庭木の剪定といった、身の回りのちょっとした困りごとに対して、近隣の住民が、無償または有償ボランティアという形で助け合いを行っています。

八王子市では、地域で展開されているこうした生活支援の取り組みを応援するため、介護保険の制度(介護予防・日常生活支援総合事業)を活用した補助金のしくみを整えてきました。2017(平成29)年度、当初6団体が補助金を活用してスタートしたこの取組みは、翌年には18団体、2020年(令和2年)6月現在、26団体にまで広がりを見せるようになりました。

八王子市の支援制度の特徴は、住民主体の地域団体にとって使いやすい制度設計にあります。団体が地域課題を解決するために取り組みたいことを幅広く応援できるよう、既存の活動を阻害しないシンプルで柔軟な補助制度とすることで、団体が安定的・継続的に運営できることを優先したしくみとし、また、報告や書類作成などの手間を必要最小限にとどめることで団体側の事務作業の負荷を下げるなど、地域団体の実状に見合った運用上の工夫がなされています。その根底には、生活支援活動は、単発的なサービスの提供ではなく、何か困ったときに声をかけることができる地域のインフラである、という大事な発想があります。
また、補助金がスタートする前年度となる2016(平成28)年度に、いくつかの団体の協力を得ながら試験的な取り組みを行い、団体から率直な意見をもらいながら、八王子市と地域団体とが膝詰めで使い勝手のいいしくみづくりを模索していったという、立ち上げ時の真摯なスタンスがいまに生きています。

制度開始から3年が経過したいま、生活支援活動に取り組む団体数が増え、各団体には運営上のノウハウが蓄積しています。同時に、活動していく中での問題点なども見えてきました。
活動が続くにつれ、一部のメンバーに組織運営の負担が偏ったり、団体の継続に向けた担い手不足などが課題となる団体も見られます。

そこで、市内の生活支援サービスを提供する地域団体を横につなぎ、それぞれの課題を出し合いながら、課題の効果的な解決策や、よりよい運営方法の秘訣などを共有していくことが、いま求められています。

高齢化が進み、今後ますます普段の生活でちょっとした手助けを必要とする高齢者が増えていくことが見込まれる中、生活支援の重要性は高まる一方と考えられます。そうした中で、八王子市の生活支援活動がよりいっそう広がりを見せていくためには、活動を行う地域団体が互いにつながるとともに、「我こそは」と活動に参加する地域の皆さんの力が必要となっていきます。

東京ホームタウンプロジェクトでは、着々と広がりつつある八王子市の生活支援活動がさらに地域に定着し、持続可能なものとして活動を継続・拡大していくことができるために、課題の洗い出しとノウハウの共有を通じて、運営のヒントをまとめた「虎の巻」づくりに、プロボノチームとともに挑戦していきます。

団体基本情報

団体名
八王子市 高齢者福祉課
所在地
東京都八王子市

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

プロジェクトマネジャー
田中さん
マーケッター
佐藤さん
マーケッター
野口さん
マーケッター
早田さん
マーケッター
古川さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2020.08.02
2020.08.02

8/2にキックオフ事前ミーティングを実施しました。 一つの支援先ではなく、地域に関わる複数の団体を対象にするネットワーク型支援という新しい試みですが、頼もしいメンバーばかりなので、どんな成果が出せるか楽しみです。 佐藤さん、早田さん、野口さん、古川さん、これから半年強の長期間、よろしくお願いいたします!


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ