武蔵村山市 プロボノチャレンジ|パンフレット制作

三ツ藤木の葉の会

「お互いさま」の助け合いを広げるために。伝えていきたいメッセージとは?



昭和40年〜41年に開発され、約50年の歴史を持つ、三ツ藤団地。団地と言っても戸建ての住宅が立ち並ぶこのエリアには、現在、約500世帯の方々が暮らしています。開発当初から住んでいる方々は90歳を超え、平均年齢も80代と高齢化が進むなか、独居者も増えてきています。
この三ツ藤団地で今年4月、住民同士の“助け合い”の仕組みづくりを始めたのが「三ツ藤木の葉の会」です。代表の井上さんに団体名の由来を伺うと、「小さな一枚の木の葉も、茂っていけばしっかり根を張り、いつかきっと地域の見守りのシンボルツリーになるように」との願いが込められているのだそうです。

三ツ藤団地のある武蔵村山市は、市内に電車が通っていません。そのため、大型スーパーができて便利になったとはいえ、高齢者が徒歩のみで生活するには大変なことも多い地域です。また、都心勤務の方が多く、日中は自宅にいらっしゃらない方も多かったことから、これまでは日々の生活で助け合ったりするような関係性はあまりありませんでした。
そこで、地域でのより良いつながりをつくろうと立ち上がった三ツ藤木の葉の会では、令和3年(2020年)春より、住民同士が日々の困りごとを助け合える「家事支援」と「通院・買い物サポート」をスタートしました。

「家事支援」は、利用会員の必要としていることをコーディネーターが協力会員と調整して支援し、利用者は事務局で販売されている30分300円のチケットで協力者に支払う仕組みです。現在あるサポート内容は、話し相手・日常のゴミ捨て、買い物代行、連絡支援、書類の記入相談・手伝い、電球・カーテンの取り換え、エアコン掃除、草取り・花の水やり。今、高齢者が一番お困りなのは、お庭の管理で、草木の手入れの依頼が口コミでたくさん入ってきています。そして、今後発展させたいのは、子育て支援。世代を超えて、高齢者だけでなくサポートを担える若手を募り、お互いに支え合える暮らしをしましょうという呼びかけをしていきたいと考えています。

「通院・買い物サポート」は、自宅の前までお迎えができ、病院は市内どこでも利用可能。そのほか、大型スーパーや公共施設など指定の場所への移動を支援しています。地域のデイサービスセンターが送迎用車両の空き時間を利用して運転手と車両を提供してくれており、往復300円で利用できるので、とても喜ばれています。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の際にも大活躍しました。

実は、令和元年より活動立ち上げの準備を進めており、いよいよスタートというタイミングでコロナ禍となったため、再度の立て直しを経て、コロナ禍ならではのニーズに答えながら活動を開始した三ツ藤木の葉の会。
まだ活動開始後数カ月ではありますが、順調に登録会員も増え、広がりつつあります。その背景には、地域の少年少女合唱団の代表も務める井上さんをはじめ、市の介護予防拠点である「お互いさまサロン」の代表者や、三ツ藤自治会の元会長、民生委員など、地域活動に携わってきた強力なメンバー15名で構成される事務局の存在があります。

三ツ藤木の葉の会の活動をより一層地域に広め、“助け合い”を活性化していくために。井上さんは、情報発信に力を入れていきたいと語ります。
「情報発信は、会のあるべき姿を見つめる機会にもなり、つながりを生み出す大切なもの。これまでは地域包括支援センターの協力を得て制作していたパンフレットや活動報告のチラシも、今後は自分たちで作成し、自分たちの言葉で、頻繁に発信をしていきたいと考えています。」

<プロボノプロジェクトの内容>
プロボノプロジェクトでは、既存のパンフレットを基に、実際に利用者が増えてくるなかで見えてきたニーズの確認を行うとともに、運営メンバーで今一度、「三ツ藤木の葉の会」をどんな会にしたいかを考え、言語化していくためのワークショップを行います。
今後の情報発信の指針となるパンフレットとして情報を目に見える形に整えながら、今後の情報発信の指針について、事務局内で共通認識を持てることを目指します。

団体基本情報

団体名
三ツ藤木の葉の会
活動開始時期
2021/令和3年4月
代表者名
井上 ツヤ子
所在地
東京都武蔵村山市三ツ藤1-39-1 (三ツ藤自治会館)

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す


準備中
進捗状況

最終更新 


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ