杉並区 短期プロジェクト|印刷物

社会福祉法人いたるセンター 地域ケアセンター サポートウイズ

支援する側の生きがいにもなる「ガイドヘルパー」。5年後に100人を目標に、登録者拡大へ。



障害のある人と一緒に外出して支援を行う、ガイドヘルパー(移動支援従事者)という仕事を知っていますか? ニーズは多様で、買い物や病院への付き添いだけでなく、散歩に行きたい、カラオケで歌いたい、といったリクエストに応え、5〜8時間を一緒に過ごすこともあるといいます。

杉並区の「地域ケアセンターサポートウイズ」(以下、「センター」)では、移動支援サービスを始めて10年目(2018年時点)が経過しました。年に一度、ガイドヘルパー研修を開催しています。修了者は資格を取得でき、同法人にヘルパーとして登録する場合には受講費用も無料です。

現在のヘルパーの登録者数は約60人ですが、同法人の職員以外の一般登録者は20人ほどで、うち半数が60代以上の方々です。その一人である内田修二ヘルパー(写真一番左)も杉並区在住で、センターに掲示された募集を見たことがきっかけで講座を受け、ガイドヘルパーとして活躍することで第二の人生を満喫しています。

内田さんは障害のある人にもわかりやすいように、絵や図で見せることを重視したお散歩用の「カタログ」を自作し、行き先を選んでもらうなど独自の工夫を凝らしています。外出当日の前には必ず本人に会いに行き、不安を減らします。

こうした移動支援サービスでの体験がきっかけで、自分で意思表示ができないと周囲から思われていた人が、自分の意思を伝えられるようになった、というエピソードもあります。

それまでサラリーマン人生を歩んできた内田さんは「障害のある方とのコミュニケーションは、仕事でいかに顧客に寄り添うか、ということにもつながります。生きがいを探しているシニア世代はもちろん、現役のビジネスパーソンもぜひ研修を受けて、ヘルパーとして活躍してほしい。自分のプレゼンテーションスキルも上がりますよ!」と熱く語ります。

しかし、センターでは、今まで会報や施設内の掲示でしか募集してこなかったため、「ガイドヘルパー」の知名度は低いままです。
外出したいという当事者のニーズに対し、今はガイドヘルパーが足りず、すべてのニーズに応えられない状態が続いています。

「内田さんのほかにも、普段は会社勤めをしながら5年以上に渡って月に数回ずつ仕事をしてくださっている現役世代のヘルパーさんがいます。社会的に副業も増えていますから、ダブルワークの選択肢としても認知してほしいです」と、センターの山崎さん。

「障害者の方とどう接したらいいか、わからないという人も多いと思います。コミュニケーションの取り方を含めて、移動支援ということが理解され、偏見を取り払うような機会にもしたい」というセンターの皆さんの思いもあります。

杉並区近辺の環境にも詳しい地元のシニア世代を中心に、現役世代の登録者も増やしていきたい。そのために今回のプロボノプロジェクトでは、多様な働き方といったことも含め、ガイドヘルパーの仕事そのものの魅力が伝わるようなパンフレットを制作します。

団体基本情報

団体名
社会福祉法人いたるセンター 地域ケアセンター サポートウイズ
活動開始時期
2018/平成30年7月
代表者名
理事長 谷山 哲浩
所在地
〒167-0032 東京都杉並区天沼1-15-18
ホームページ
http://www.itarucenter.com/10_with/index.html

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

チームメンバー

リーダー
細川さん
小川さん
黒田さん
佐野さん
志田さん
高山さん
大和さん

進捗率
進捗状況

最終更新 2018.10.03
2018.09.26

チーム編成を実施しました。

2018.10.03

キックオフ事前ミーティングを実施しました。ママボノチーム7名が揃い、ついにプロジェクトがスタートします!


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ