小金井市 ライフシフトプログラム

小金井市けやき通り商店会

武蔵小金井駅近く、40軒余りのお店が集まる商店会で商業×福祉のコラボを展開中

武蔵小金井駅前の40軒余りのお店が集まる商店会。
商業×福祉でコラボした「みんなの安心・ささえ愛ネット」(通称「みん愛ネット」)を結成し、認知症対策や気軽に集える居場所づくりなど展開しています。

ライフシフトプログラムでは、計2チームがそれぞれの視点から小金井市けやき通り商店会の運営上の課題を捉え、解決につながる具体的な成果物の提案を目指します。

団体基本情報

団体名
小金井市けやき通り商店会
活動開始時期
1985/昭和60年4月
代表者名
益田 智史
所在地
〒184-0004 東京都東京都小金井市本町2-9-11

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

進捗率
完了
進捗状況

最終更新 2019.10.05
2019.08.31

キャリア検討・基礎知識の学習を実施しました。

2019.08.31

▼小金井市けやき通り商店会Aチーム

2019.08.31

▼小金井市けやき通り商店会Bチーム

2019.09.07

ヒアリング・目標設定を実施しました。

2019.09.20

農園見学の後、地域包括支援センター、保育園、NPO、観光まちおこし協会などステークホルダーの方々へのヒアリングを実施し、プロトタイプを提案しました。

2019.10.05

成果提案・レビューを実施しました。

成果

商業×福祉の新たな取り組み、農園活用の提案を行いました!

みん愛ネットのメンバー同士、更には小金井市の市民がつながる場として地元の農園活用を検討中。この企画を実現に向けるという課題を解決するために2つのチームが取り組みました。

プログラムの2日目は商店会の方からじっくり話しを伺い、3日目は全員でJR武蔵小金井駅近くの農園を見学した後、みん愛ネットの多様なメンバーにヒアリングを行いました。また、商店会の方々へアンケートを実施したチームもありました。
1カ月の活動の成果物として、Aチームは「農園事例の紹介とみん愛ネット発展のための提案」を、Bチームは「農園と学生ボランティアの活動提案」を納品しました。

支援先の方からは、終了後に「会社員の方々のまとめあげる能力は本当に凄いものがあると毎回感心させてもらっています。一方、街の課題は、個人個人の感性や性格、環境、気分諸々で、理屈では解決できないものでもある事が事実です。辛抱強く、今後も頑張っていきたいと思います。今、私たちの輪がひろがりを見せている時であると思います。そんな中、各自の意見や気持ちをヒアリングを通して私自身が聞けた事は大変貴重だったかと思います。」というコメントを頂きました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ