世田谷区 ウェブサイト|(改善点提案)

一般社団法人 輝水会

「危ないからやめましょう」でなく「やってみましょう!」。スポーツならではの参加と達成感。



神経難病疾患や脳卒中などの後遺症による機能障害や麻痺を持つ人に向けて、医療の補完的な役割として、水中や陸上での運動を提供し、残された身体能力を最大限に回復させる。―― 世田谷区を拠点に活動する輝水会は、ユニークなアプローチで高齢者・障害のある人の活力を高めるプログラムを提供しています。

「福祉関係者の介助職や医療者の方は、安全第一で考える習慣がついていると思います。でも、私たちの場合は、立って卓球をやってみたいという車椅子利用者を実際に立たせるという発想をします。『危ないからやめましょう』でなく、『どう工夫したらできるか、やってみましょう!』という視点なのです」という代表の手塚由美さんは、健康運動指導士の資格をもつ、体育・運動指導の専門家です。

輝水会が2016(平成28)年から世田谷区内で取り組んでいるのが「リハ・スポーツ教室」と呼ばれるプログラムです。毎週1回全10回の講座で構成されており、初回のオリエンテーションに続いて、ボッチャ、卓球、プールでの浮力を活かした水中運動という3種類の運動メニューを各3回ずつ行っていくという内容です。

「プールは危なくないですか?」としばしば聞かれる声に、「でもお風呂には入りますよね」と答える手塚さん。「プールは大事です。当事者にとっては、プールというハードルの高い所に入れたことの達成感が大きいのと、非日常を味わえるため、その後の心の変化が大きいのです。」

できないと思っていたことが「できた」という喜び。
その高齢者・障害のある人の姿を見たり、一緒に楽しむことで、支援者・介助者や家族にも、大きな気づきが訪れます。

リハ・スポーツでは、介助者として来た人もボッチャのゲームに一緒に参加してもらいます。講師と参加者との役割の垣根をなるべく低くし、講師がすべてをお膳立てしてしまうことはありません。意図的に、室内にボッチャのボールを転がしておいて、つい手を伸ばしたくなるような環境を、あえて作ったりもします。そこに集まるみんなが、自分たちで運営しているような主体性を感じながら、和気あいあいとした雰囲気づくりを心掛けているそうです。

そうした細やかな配慮が奏功し、1回目は、それぞれのスポーツのルールを覚えたり、動きを習ったりと、ぎこちない中から始まりながらも、繰り返していくうちに、次第に慣れていき、そこに集まる皆さんがルールや進め方を体得していきます。

「こうした活動で得たことは、リハ・スポーツを行うことで、高齢者・障害のある人の支援者、家族、福祉関係者の方々が気づくことの多さです。支援者や介助者が、いままで必要のないことまで支援していたと気が付いた、といった新たな発見ができるのです」

2ヵ月半で10回の講座は終了となりますが、そのときには「もう自分たちだけで大丈夫」という状態になり、以後は、自主グループを作るなどして継続していきます。

いま、輝水会では、リハ・スポーツ教室での活動を通し、健康面での生活の質がどのように変わるかを数量値的に表す調査研究を行っています。そのデータを活用して、新たに「リハ・スポーツ」を導入したい地域や行政に役立つマニュアルの作成にも取り組んでいます。

「リハ・スポーツはそれほどスペースを選びません。例えば、卓球台がなくても、会議室の机やテーブルで代替できます。取り入れていただきやすいので、世田谷区でモデル作りを行いそこからいろいろな地域に広がっていってほしいですね」と手塚さんは話します。「リハ・スポーツを人の多様性を包括する地域づくりのための、共に生きる力を育む意識教育のようにしていきたい」とも。

スポーツの特性を活かした、全員が参加できて、達成感を得られる、高齢者・障害のある人の機能向上を図る新提案。
東京ホームタウンプロジェクトでは、2017年度「プロボノ1DAYチャレンジ」におけるパンフレットの支援に続き、リハ・スポーツの理解者・共感者を広げるために、ウェブサイトの改善を図り、団体の発信力強化をプロボノで応援します。

団体基本情報

団体名
一般社団法人 輝水会
活動開始時期
2012/平成24年7月
代表者名
手塚 由美
所在地
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢8-30-10
ホームページ
http://kisuikai.com/

カテゴリ別に探す
支援内容別に探す
地域別に探す
プログラム別に探す

進捗率
進捗状況

最終更新 2018.11.04
2018.10.17

今回、チームメンバーの多くがプロボノ初参加ということもあり、若干緊張感ある雰囲気ではありましたが、滞りなく活動における現状や課題などについて話し合いを行うことができました。関係者様へのヒアリング、中間提案に向けて、プロジェクトが動き出します!

2018.10.22

キックオフ事前ミーティングを実施しました。本日チームメンバー、初顔合わせです。少し緊張した雰囲気の中で始まった「はじめまして」の自己紹介ですが、プロジェクトの中身に話が移ると早速様々なコメント飛び交い、輝水会さんに聞いてみたい話のポイントが整理されていきました!

2018.10.24

キックオフミーティングに続き、団体の皆さんとプロボノチームで、ウェブサイトに関連する「課題の洗い出しワークショップ」を行い、ウェブサイトへ訪問してほしい方や提供するコンテンツ例、期待する効果の整理をしました。

2018.11.04

活動現場体験・見学を実施しました。


このページのTOPへ
このサイトについて個人情報保護方針お問い合わせ